NEWS-KE

青年海外協力隊としてケニアで活動を通し、 今度はイギリスの大学院へ進学する事にしたYUSUKEの最新情報。 だからNEWS-KE. ケニア生活を終えてから止まっていた更新をイギリス生活を機に再開です。

大雪大丈夫ですか?

日本は記録的な大雪とか。大丈夫でしょうか?
日本で記録的な大雪と言うと大抵普段雪の降らない太平洋側(特に首都圏)が大雪の際に話題になるので、日本海側の気候とも言える長野ならそこまで大事ではないのでは。。。と予想してます。
ケニアは夏本番間近なので本当に無責任な予想ですが。


さて、書きたい事ありすぎて何から記事にしようか悩みますが、とりあえず新しい事から。


先週アメリカ人が2人任地を訪れていたので同行してました。
僕らの活動の紹介もしました。
あ、アメリカ人は短大の先生とその生徒。

2日目の夜の話。薪で起こした火を囲んで植民地の話になりました。
僕の同僚が「ケニアは古い習慣が残っていたので白人が来てくれてよかった。正しい神と教育と経済を与えてくれた。本当に感謝している。」
と言いました。

もう本当に目が点、耳を疑うとはこの事。
たまらずに「何がそんなに悪い習慣だったの?」と聞くと、

「この周辺の人はかつてケニア山に神がいると信じていた。人が死ぬと山の神が葬ってくれると信じて死体を森に捨てた。それをハイエナが食べるのは知っていて。そんなに酷く、惨い事を平気でしていた。山に神なんていないのに。そんな嘘を信じていた。白人が持ち込んでくれた教育が無ければ部族以外とは話せず、殺し合いをして、野蛮なままだった。国も豊かになってきている。」

というのです。

そして驚くのが先進国アメリカのその教育者も「うんうん、その通りだ」と聞いているのです。


「でもどんな生活が幸せかは自分たちの価値観が決める事。今が幸せと思うなら白人が持ち込んだ社会がいいって言うのも分かるけど、昔の人を否定できないでしょ。今でも現代の社会を拒否して伝統的な生活してる人もケニアには沢山いるんだし。日本人は山にも海にも神様はいると思ってるし、簡単に先祖の神を捨てて一神教に走ったのは少し残念にすら思う。」

って言ったらアメリカ人の学生だけが理解してくれました。
幸せの価値観は人それぞれだと。
先生はあからさまに顔をしかめ、同僚は憤っておりました。
かつてのケニアの伝統がいかに酷かったか知らないのだ、と。
いやいや、あんたも生きてないでしょ、その時代。とか思ったけど。
生徒は神がたくさんいるってのは笑ってたけどそれいがは同調。


なんだろうか。
このもやもや感。

今のケニア人が今のケニアで幸せならそれでいいのですが、決してそうは見えないからでしょうか。


アングロサクソンの考えてる本質が見えた気がしました。
いくら植民地支配がなくなったと言っても結局援助漬けにして自分たちの思う様な社会をうまく作る。
ケニア人はそれを鵜呑みにする。

いつもいつも援助とか自分の立ち位置とかに悩みながら生活してる僕らだけが浮いていて、アフリカと欧米の両者には迷いはないのでしょう、きっと。いや、そうとも言い切れないでしょうが。


本当にもんもんと考え込んでしまいました。


答えの無い話ですいません。


でも結局自分の信じる方法で目の前の人と一緒に汗流すしかないですし、それが全てなんだと思います。
一生答えは出ないでしょう。

暗かったのですが、きっと一人こんな顔をしてたと思います。笑
SAM_0922


でも一緒に苗木の世話をする時は笑顔です。
SAM_0916


近々また色々アップしまーす!
 

2013年。

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。
昨年最後のブログからかなり期間が空いてしましましたが、生きております。

日本では考えられない早い仕事納めから2度目をケニア山アタックを前哨戦として、年末年始はアフリカ大陸最高、キリマンジャロに登ってきました。
こんなどでかい山です。朝日で染まってます。
IMG_5334


6泊7日の行程のうち6日目の早朝、2013年元旦の初日の出はアフリカの頂上5895mからの絶景。
IMG_5510

IMG_0523

2日の日の出も見れました。
すっかりアルピニスト気取りで1枚。
IMG_5553


なんだかんだと怒濤の年末年始でしたが、素敵なスタートを切れました。
書きたい事も溜まっているので今年もぼちぼちと更新していきます。

それでは本年もよろしくお願い致します。
IMG_5523

久々の休日〜免許と賄賂編〜

1つ前の記事で運転マナーについて触れましたが、ケニアではマナーも相当悪いですが運転技術そのものがヒドイのです。

原因の1つが賄賂

賄賂大国ケニア。賄賂がないと事が進まない国。
ケニア人は賄賂は文化だ!と言います。(浮気ではなくねw)

そんなバカなって話ですがね。


例えば交通違反の場合警察に数百円(お昼代とか交通費くれってのが多い)で違反は無かった事に。
窃盗や様々な犯罪の場合も警察に数千円〜数万円で犯罪は無かった事に。
就労ビザの取得や起業する際、ビジネスを行う様々な手続きで役所に行った際はその役所の人に数百〜数千、外国人なら数万円を賄賂として渡して初めて手続きをしてもらえる。
税金の代わりに賄賂を払えば税金は免除に。
地元有力者(議員や役人)に何かものを頼むなら500円程度の賄賂。

とにかく何をするにも賄賂賄賂賄賂。
困った時の賄賂頼みとでも言うのでしょうか。
賄賂がないと物事が動かないし、逆に言えば賄賂さえ払えば何とでもなるんです。

そこでさっきの運転技術の話。

ケニアでは2週間程教習所に通えば普通免許が取れます。
その2週間に必要なのは7000円程度だそうな。
(教官への賄賂は除きます、がやはり必要な事が多いそうな) 

ケニア人にとっては7000円は月収平均程。
そう考えると日本でもそんなもんでしょうかね。20万程度?


ところが!!!

日本と違うのは7000円払って正規の方法で免許取るのは高いし時間もかかるので、そこで出てくる賄賂!

免許を賄賂で買うのです。

相場は1000円〜1500円。

役人に払えば2時間程で免許入手可能。



で、凄惨な事故が後を絶たないんですね。


交通事故で犠牲になる多くに市民の命と引き換えに役人は懐を潤すわけです。




ケニア人は既に賄賂と戦う事は諦めてます。
戦う人、見た事ありません。だって文化ですから。



ケニア、なんだかんだで大好きな国ですが、この賄賂の文化、


大っ嫌いです。

久々の休日〜驚きの感覚編〜

お葬式の案内作成を終え暗くなってから帰宅した時の話。

大家が車で家の前にいたので立ち話。

「水が10日くらいまともに来ないんだけど。。」
「無駄遣いする人がいるからよーはははー」
「でも前はちゃんと来てたじゃん?」
「明日にはくるわよーはははー」

といつも豪快で人のいい大家。
つい水が来ない苛立ちとかが小さくなってしまいます。
(結局今日も水は来ないけど。。。)

そんなこんなで四方山話を20分程したら大家は今から自分で運転してナイロビに行くと言う。
話の最後に「気をつけてね、暗いし事故に注意してね〜」
って言ったら、

何言ってんの、私は安全運転だから絶対に大丈夫よ!事故なんて起こすはずがないわ!」


とえらい剣幕。

「いやいや、それでもマナーの悪い運転手多し、もらい事故したら損でしょ?だからさ、気をつけてね、やっぱり」


なんて返したら


「だから大丈夫って言ってるじゃない!私に限って事故に会うなんて事はあり得ないのよ!!全く何を言ってるのよ!」


とご立腹な様子。



1年半住んでてもケニア人の感覚って分からない。。。



善意で気をつけてねって言ったのに怒られたので心の片隅で「そういう人が事故に会うんだよ、全く」と思ったのは内緒の話。 


Facebookで大反響だった編み込みをほどいた後の髪型。
IMGP0721

久々の休日〜休日返上編〜

今日は久々の休日です。 色々書きたかった事、一気にアップしようと思います。

本当は昨日&今日が週末分の休みだったのですが、昨日は同僚から呼び出しがあり、書類作成できないからパソコン見てくれって言われて、結局パソコン講習。
で、その後何故かご近所さんの親戚が亡くなったから葬式の案内を作ってくれと言われ、見ず知らずの人のお葬式の案内を作りました。
ちょっと「めんどくさっ」と思ったりしましたが、でもまぁまた一歩コミュニティの一員に近づけた気もしました。

でも、亡くなった方の親族がパソコンでの案内作成が出来ないのはともかく、その後プリントアウトした案内を半分に折る作業とかも一向に手伝わないで談笑してるっていうね。
見かねた同僚の子どもが手伝ってくれました。


ちょっとイラっとしたので最後に、「あなたの家族が亡くなって、私がその準備を手伝っているのに何故あなた達が出来る事をやらないの?10歳の子どもに手伝えるのに大人がやらないのは何故?」と言ってみたら、
「あー、ごめんごめん、ありがとう。神のご加護があるよ」
ってさ。
何て軽い。。。

呆れてさくっと引き上げました。


そんなこんなで帰宅したら大家が自宅前に。
そこで驚いた話は次のブログで。


写真は先週開催したコミュニティ向けのワークショップ。
火事がどれ程の損失があって、その原因が何かとか30分程お話させてもらいました。
それにしても現地語まじりのスワヒリ語がホントに分からん。
ここらの人英語はもっと通じないしなぁ。
いやはや、やっぱりナイロビは都会なんですね。

 IMGP0739
アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

news-ke

月別アーカイブ
記事検索
Airbnbやってます!

大阪 旅館風アパート 6人宿泊可能

大阪, 大阪府, 日本
マンションの一室を旅館風に全面的に改装。交通の便も周辺施設も充実の施設です。 - 地下鉄谷町線 都島駅から徒歩1分 -JR環状線 桜ノ宮駅まで徒歩15分 -wifi(室内&ポータブル)無料 -最大6人宿泊可能 -洗濯機、キッチン用品あり