ケニアから帰国しての1年弱は総務部で働いた事は前回のブログの通り。
併せてイギリスの大学院も密かに受験してました。
で、なんとか合格をもらえたので、職場に退職の意を伝えたところ、今のプロジェクトが佳境に差し掛かっているのでやりきってからにして欲しいと慰留されました。
まぁ楽しかったし、イギリスの多くの大学は入学を1年までは保留してくれる制度があるので、大学入学を1年延期。仕事を続ける事に。
大学合格が2013年、帰国した年の秋。
つまり2014年秋入学の予定を2015年秋入学に変更。
きりよく2015年3月末まで働こうとか思ったわけです。職場にも迷惑ばかりかけたのでね。
あ、受験についてはまた別の記事で書こうかな。

で、迎えた2013年度末。つまり2014年3月。
突然の辞令。異動。現場復帰。
意味わからないですよね。プロジェクトはもちろん途中。
腹が立ったので退職時期を1年後から12月のボーナスもらった後に変更。
自分の時間にしようと決めました。

で、4月から消防士最後の現場に戻ったわけです。
いやいや、これが意外と楽しくてw
最後の現場生活や退職についてはまた次回。

では。