そうして迎えた現場復帰。奇しくも大学卒業後すぐに勤務した部署。同じ建物。同じ業務。
違うのはポジションだけ。
運命って面白い。

最初はなんで今更最後に現場。。。と思ったのに、いやいや、これがまた。
本気で仕事を楽しく取り組みメンバーに囲まれて、10日くらいでこっちもやる気まんまんにw
県内最大の消防署で出動件数も多く、それなのに訓練必死にやっていつもてんてこ舞いでしたが、最高の仲間といい時間を過ごせました。
途中、御嶽山の噴火や繁華街での大火事、白馬方面での地震と何かと忙しく過ごし、あっという間に12月。いい仲間、上司に囲まれて有休もほぼ使わず退職。
退職後も職場に顔出せる仲のままでいれた事が本当に嬉しい。
残念だったのは退職直前に一緒に仕事してきた大隊長が一緒に仕事を終えた直後に還らぬ人になったこと。昔気質の親分肌で、口は悪いけど素敵な上司でした。

30歳も超え、友人や同僚、上司等との死別があり、その都度自分の人生を考えさせられます。
 で、渡英まで半年の猶予ができたわけです。

若干英語のスコアが入学に足りず、このままだと9月よりも早くに渡英して事前の英語コースを取らねばならず、それがまた法外に高い。
で、半年仕事しながら独学で勉強するか、思い切ってフィリピンに英語留学するかで悩み、(イギリスでの事前コースは高すぎて除外。意地でも9月入学を目指しました)どっちにでも転べるよう就活とフィリピンの英語語学学校への入学手続き、両方進めました。

さーて、よーやく今年の頭まで話が追いついてきた。
続きはまた次回。

あと何回「また次回」を言えば現実に追いつくかなw