今夜、あ、日本では既に11/6ですがこちらはまだ5日なんです。
今日11/5はGuy Fawkes Nightと言って、イギリスの年中行行事がある日。
詳しくはwiki先生に聞いてください。
とりあえずずっと花火の音がそこここからしています。

先日のハロウィーンでは子供が仮装して近所を歩き、今夜は花火。
どちらもイギリスらしく霧雨の中ですがいいもんですね。
ま、花火は見えませんがw

自分の知らない歴史や文化に触れること。
これって本当に自分のキャパを広げてくれます。
昔、大学生の頃(あ、今も大学生かw)、ゼミの恩師が言ってました。
魅力のある町の3つの条件は、歴史、文化、教育に触れれる環境が整っていること、と。
何気ない授業中の一言でしたが、10年以上経ってもよく覚えています。

そういう意味ではここは魅力のある町だと言えます。
きてよかった。

ここに暮らし始めて、様々な言語、文化、背景を持つ人と触れれば触れるほど自分が日本人であることに気づかされます。
ケニアでもそうでしたが、ここは人種も国籍ももっともっとごちゃまぜなので。

先日、中国人の友人に日本語を少し知ってると言われ、「愛してる」は「I love you」でしょ?と言われました。
まぁ直訳するとそうなんだけど。。。と思いながら、日本人はあまり使わないと説明しました。
そうしたら隣のドイツ人がじゃあどうやって伝えるの?と聞いてきて、「んー、日本人はLoveとLikeが持つ意味を時と場合によって使い分けるよ」って答えました。
でも、全然その概念って伝わらないんですよね。
コンテクストって伝えるのは本当に難しい。すべてのコンテクストは経験則だと僕は思うので。
夏目漱石が I love youを「月が綺麗ですね」と訳したことは有名な話ですが、私が日本人であることを彼のように伝えられる言葉のセンスと教養と持ち合わせていたらなぁと心から思いました。

日本語は世界有数のハイコンテクスト言語です。
ローコンテクスト言語の欧米の方に日本人の感覚を伝えるのは本当に難しいなぁ。
とか思う日々です。


それにしても「月が綺麗ですね」という言葉で自分の気持ちを表現できて、それを汲み取ってくれる方がいたとしたら、そんなに素敵なことはないですよね。
憧れます。